カマキリ

f:id:ytakachan:20210804205833j:plain

きれいな寄せ植え!=4日、早朝  

 

 夏休みを親戚の家で過ごすので、一週間あまり預かってもらえないか、と託された子どものカマキリ。孫からの依頼は難題です。「食材」となる生餌をどう確保するか。
 その日から、キッチン袋を忍ばせての散歩。にわかに蝶や蠅、トンボに目が行くようになりました。
 今朝はエサ取りに失敗、「虫取り網がないとダメかなぁ」。
 帰宅したら、どこから入り込んだのか一匹のショウジョウバエが部屋の中に迷い込んできました。 
 さっそく、水槽の中にしつらえた「カマキリの里」に放したところ、野に潜む狩人のように、アッというまに捕らえてしまいました。
 いま、カマキリくんは元気いっぱいです。

 

今日の富士山

f:id:ytakachan:20210803212402j:plain

黄昏時=3日、御殿場市内で     y/k

 富士山秘話

 女性として初のエベレスト登頂に成功した故・田部井淳子さんが企画してきた「東北の高校生の富士登山」(田部井淳子基金主催)が昨年コロナ禍で中断しましたが、先月28日に開催されました。

 田部井さんが「日本一の山を登ることで自信をつけ、東日本大震災からの復興の力になってほしい」と企画。9年前から全国の支援を受けて続いてきました。

 田部井さんはがんが進行し、立つことも厳しい状況になった5年前にも、病院から富士山に向かって標高3千メートルまで登り、「一歩一歩足を進めれば、必ず頂に立てるんだよ」と高校生を励ましました。その年の10月に死去。生涯最後の登山になりました。

アメリカン・ブルー

 

f:id:ytakachan:20210802144514j:plain

清涼感あふれるアメリカン・ブルー=2日


 ペチュニアの華やかさの対極にある1~3cmほどの花を咲かせます。別名エボルブルスアメリカでは「ブルー・デイズ」という名称で知られています。一日花です。
 すがすがしい花色が涼しげです。ヒルガオ科特有の日が当たらないと花が閉じる性質をもちます。 夕方や曇りの日は花がしっかり閉じてしまいます。
 爽やかな青い花。午前中にぱっと華やかに咲く花姿を見て、元気をもらいましょう!

f:id:ytakachan:20210802151407j:plain

青空が広がる朝が大好きな植物です

 

コロナと対峙する

f:id:ytakachan:20210801180829j:plain

キバナコスモスの間を優雅に飛翔するアゲハ蝶=2014年7月、浜離宮

 コロナのワクチン接種の副反応による熱は接種後1日で収まりました。友人からは翌朝からだるさが出て、夕方まで続き、奥様は3日間だるさを訴えていたとの連絡がありました。
 この日、東京の感染者は過去最多の4千人超となりました。コロナウイルスはまことに狡猾。油断はなりません。

 「医療は限界 五輪やめて!」と窓に貼っている病院の看護師長は、先週、「専用病床は満床が続いています自覚症状がないまま容体が急変する。退院後も酸素吸入器を手放せないような後遺症に苦しむ方もいて、本当につらい病気です。街には人が多くでているけれど、どうかコロナを甘く見ないでほしい」と話しています。

 三密回避などの原点に立ち返って感染のリスクを減らす努力は続きます。

2回目の接種

f:id:ytakachan:20210731174718j:plain

ニューギニアインパチェンス=30日

 昨日、新型コロナウイルスのワクチン接種を終えました。

 9:30に接種、15分間まれに起こる副反応の有無を確認した上でクリニックを出ました。

 昨夜は平熱。明け方5時に37.9℃、正午38.3℃、15:00に38℃、18:00に測ったところ36.5℃に下がりました。解熱剤は使いませんでした。

 

緊急事態発出

f:id:ytakachan:20210730071456j:plain

おもわず足を止めて 

 東京「爆発的感染拡大」、3865人。国内感染は1万人を超える事態です。医療崩壊直前という状況のなか、緊急事態宣言の発出が6都府県に拡大されます。

 国内死者1万5千人超、世界死者は420万人に届かんとしています。

 私たちにできること。強い危機感を持って、コロナウィルスと向き合っていくほかはありません。

 

関連項目:

死者を悼む
https://ytakachan.hatenablog.com/entry/2020/09/30/092508

 

第4波コロナ禍
https://ytakachan.hatenablog.com/entry/2021/05/02/150336

 

明日は新年。コロナ収束、願いを込め
https://ytakachan.hatenablog.com/entry/2020/12/31/181604

 

 

 

 

ハスの花

f:id:ytakachan:20210729194802j:plain

鮮やかなピンクの花と、緑の葉のコントラストが道行く人を楽しませて=29日

 きょうは、孫と遊びました。 

 夏休み、孫の家族を迎える朝は、祖父母の誰もが感じるように、楽しい時間がもうすぐやってくることが待ちきれない心持ちになります。

  小学1年生を筆頭に三人の孫たちの声が部屋の中に弾けました。気のせいかもしれませんが、元気をいただきました。

 

八重咲のハイビスカス

 

f:id:ytakachan:20210728174859j:plain

手植えのハイビスカスが咲いて=28日(本文とは関係ありません)

 台風一過。外出をためらうほどの猛暑が続きます。威勢よく「ジリジリ」と鳴くアブラゼミの大音量が暑さに輪をかけます。
 散歩の後の汗をぬぐいながら、「とりあえず、冷たいものを」といきたいところですが、暑い時には熱いものをという逆説的な言い方もあり、シャワーの後の食後は熱いコーヒーをいただくのが習慣になっています。熱いお茶を口にしたり、汗をかきかき食事したりすることが、その後の爽快感につながるようです。
 感染への警戒と脱水症状に気をつけながら、水分補給も怠りなく過ごす夏になりそうです。

リサイクル・フラワーセンターへ

f:id:ytakachan:20210727180319j:plain

さまざまな色を楽しめるペンタス=27日、フラワーセンターで

 午後からの雨雲レーダーを読むかぎり大丈夫、と判断してフラワーセンターへ出かけました。少し降られましたが、とあるマンションのエントランスで雨宿り。雨に濡れることなくセンターにたどり着きました。

 同センターでは、生ごみから堆肥を作り花を育てています。
 花交換を希望する家庭では、専用のバケツに生ゴミとぼかし肥料を混ぜて1か月に一回、花と交換しています。

 写真は赤やピンク、白の色彩のハーモニーが美しいペンタスラッキースターミックス。長期間開花し、暑さにも強いので夏の花壇に適しています。 

f:id:ytakachan:20210727181037j:plain

台風の影響が心配されたが午後には青空が広がった=27日

 関連項目: リサイクル・フラワーセンター - たかちゃんの一日一枚 (hatenablog.com)

 

向日葵(ひまわり)

 

f:id:ytakachan:20210726165649j:plain

手植えのひまわりが咲きました=26日

 ヒマワリの別名「日輪草(にちりんそう)」。「日車(ひぐるま)」の名前もあり、英語では「サンフラワー」。この名前からして、人々は昔から、そこに小さな太陽を見たのでしょう。
 他の草花を見下ろすようにすっくと立った大きなヒマワリに惹かれます。

 

〈向日葵の百人力の黄なりけり〉加藤静夫

f:id:ytakachan:20210726174727j:plain

盛夏の象徴=2012年8月、国営昭和記念公園

 

 



テレワーク

f:id:ytakachan:20210725194701j:plain

変わった花模様に惹かれて=25日  (本文とは関係ありません)

 巣ごもりの一日、スケートボードと女子ロードレースの中継を流しながら、数あるビデオミーティングツールの中から選んだ「ZOOM」の使い勝手を学習しました。

 テレワークに適さない職種はあまたありますが、設計業務であれば連絡調整のツールとしておおいに利用できそうです。

 私の家ではSkypeを使っていますが、最近よく耳にするZOOMはオンライン飲み会を連想します。本来はビジネスの世界でこそ、その価値が最大限に引き出されるのでしょう。

 コロナ禍で活用されたテレワークの世界的潮流が元に戻ることはないと思います。しかし、人と人が対面で仕事をする機会が少なくなり、直接のコミュニケーションが減ってきていることも気になります。

お手伝い

f:id:ytakachan:20210724204729j:plain

遊歩道に咲くランタナの花=24日。 (本文とは関係ありません)

 建築関係の仕事を務めていた知人は、長らく学校などの設計に携わりました。

 お茶話にきょう、ご自宅に伺ったところ「じつは、図書館の改修の仕事が入りました。しかし、足が弱ってきていますし、依頼は嬉しいのですが…」。

 嬉しさのなかに、少しお困りのご様子。話をお聞きして、通信やネット環境を整備すれば仕事の流れが格段に速く、良くなることがわかりました。在宅ワークのいいとこ取りですね。

 私の出番をつくってくれたのかなと思いつつ、助っ人に入ることになりました。茶菓をいただきながら、午後のゆったりしたひとときを過ごしました。

陽射し

f:id:ytakachan:20210723105405j:plain

強烈な陽射しを避けるように、日陰でじっと羽を休めていた=23日    n/t

 緊急事態宣言下での無観客開催、五輪きょう開会式。「分断と不信、漂流する祭典」、新聞の社説に象徴されるように、今朝の一面トップニュースは「開会式演出、小林氏を解任」。そして「組織委、森氏復帰を検討」、「東京1979人感染、全国では5397人」と続きました。およそ、開会式を迎える日のふさわしい世情とは思えません。

 開催の是非を離れて、選手には参加できたことへの感謝とルールを守って、持てる力をじゅうぶんに発揮してほしい。そしてなによりも無事に終わってほしいと願っています。 

 

三角稲荷

f:id:ytakachan:20210722133952j:plain

男性がひとり祈りを捧げていた=22日、三角(さんかく)稲荷で

 さいたま市にある小さな稲荷様です。境内が三角形なところから呼ばれています。
 中山道を往来する旅人を花嫁姿でたぶらかし、道の真ん中で馬の尻を覗き込み大声を叫ばせたり、穴に逃げ込んだ狐をいぶり出そうと焚火を始めた旅人を、ふんどし一丁にし朝まで大騒ぎさせたという伝説が残されています。(浦和区文化の小径マップより)
 いたずらっ子の狐も社の周りの都市化には驚いていることでしょう。

 境内には老木の域に入ったさくらの木が一本。花の下で宴を張る人もなく静かな花見ができる場所でもあります。
 真夏は程よい木漏れ日、秋は銀杏の黄葉が見事でほっと心が安らぎます。隣に併設された三角稲荷公園で汗をぬぐいながら休憩に利用しています。